活動内容
国産がピンチ!!アピール活動参加
 
平成20年3月3日、国産がピンチ」飼料価格高騰等に関する消費者等への緊急アピール活動にめぐり愛・媛ネットも参加してまいりました。

これは、飼料価格の高騰等による生産コストの上昇、国産農産物の生産環境が変化している今、安全・安心な国産農産物を供給する生産者の窮状を発信し、幅広いみなさんに理解・支持をしていただき、価格転嫁につなげようという取り組みです。
県内の農業・畜産関係の生産者組織、及び関係機関約40名が、「愛媛産には愛がある」の赤いジャンパーで、松山市駅周辺にてアピール活動を行いました。
「私たちは愛媛の農家です!」、「地産地消をお願いします!」と街ゆく人々に牛乳やパンフレット、ティッシュなどを配りました。


消費者の皆さんに安心して食べていただくために、国産品を、地域の農畜産物を届けたい。
エサ代や資材代が値上がりし、牛乳や牛肉、たまごを生産するコストも高くなり、経営は限界にきています。
どうぞごの実情をご理解ください。

村橋さんは街頭で街行く人々に畜産農家の現状を訴えました。

パンフレットなどを受けとった消費者のみなさんに、少しでも理解していただけたらという気持ちで、生産者の生の声が響くお昼休みの市駅前となりました。

Copyright(c)2007 めぐり愛・姫ネットワーク All rights reserved.