トップページ | サイトマップ | お問合せ
 トップへ戻る
イベント 畜産情報 優秀畜産 堆肥流通 ふれあい牧場 畜産協会の案内 お知らせ・掲示板 リンク
    協会業務案内

価格・経営安定に関する事業

肉豚価格差補てん事業 (愛媛県肉豚価格安定事業)に加入しましょう!

平成20年度から肉豚価格差補てん事業の事業内容が変更されました。

主な改正のポイント

1.補てんが発動される地域保証価格を、416円/kgから70円を上限として引き上げます。
2.引上げにともなう財源の一部を、独立行政法人農畜産業振興機構が補助します。
3.生産者が負担する生産者積立金は、現在の1頭当たり489円(県補助1/3を含む)を据置くことで検討しています。

20年度から新規加入を希望する方へ
1.加入の要件があります(認定農業者等)。
2.19年度からの加入者との公平を図るため、別途負担金を徴収します(20年度契約頭数×1頭当たり489円程度)。
3.申込は、事務手続きの関係から5月10日頃までにお願いします。
4.加入の意思等を、別途、農協又は配合飼料価格安定基金協会等から文書等で伺いますので、ご検討をお願いします。

19年度からの継続加入者の方へ
1.加入要件の追加があります。農協等を通じて関係書類の提出をお願いします。
2.20年度契約頭数は、すでに提出いただいている申込を基本とします。

※詳しいお問合せは、基金事業部(TEL:089-948-5369)まで。








肉豚価格差補てん緊急支援特別対策事業(組替新規)

(地域肉豚事業に係る基金を活用した緊急経営支援対策)

1 事業の目的

養豚経営においては、配合飼料価格の高騰等による収益性の悪化が懸念されることから、地域肉豚生産安定基金の財源を活用し、各道府県における生産者積立金の積み増しに対する緊急支援を行うことにより、肉豚価格差補てん事業の機動的・効果的な運用を推進する。

2 事業の内容

(1)肉豚価格差補てん緊急支援事業

道府県単位で生産者等自らが自主的に実施している肉豚価格差補てん事業について、各道府県団体が地域保証価格(肉豚価格がこの価格を下回ったときに生産者積立金により補てん金の交付が行われる価格)の引上げを行う場合に要する生産者積立金の積み増し原資の一部を地域肉豚生産安定基金から供給する。

※ 各道府県において、地域肉豚生産安定基金からの資金供給によっても生産者積立金が 枯渇した場合は、補てん金は交付されない仕組みとする。
  なお、補てん金の交付対象者は、肉豚価格差補てん事業の契約生産者であって生産性 向上に計画的に取り組む者とする。

(2)肉豚価格差補てん緊急支援推進事業

 (1)の事業の円滑な推進を図るための推進会議の開催、連絡調整、指導等を行う。

3 事業実施主体

   (社)日本養豚協会、都道府県畜産物価格安定基金協会等

4 所要額(補助率)

   6,176百万円(定額)



担当課:生産局畜産部畜産企画課
代表 03-3502-8111 内線 4890
担当者:渡辺、森川


Copyright © 2005 社団法人 愛媛県畜産協会 All Rights Reserved.