トップページ | サイトマップ | お問合せ
 トップに戻る
イベント 畜産情報 優秀畜産 堆肥流通 ふれあい牧場 畜産協会の案内 お知らせ・掲示板 リンク

優秀畜産
一覧表

    優秀畜産

地域振興部門

優秀畜産表彰等による優良事例紹介 
平成15年度 地域振興部門

タイトル 一本松町における肉用牛生産部会の取り組みについて

●活動の概要
安定的需要の見込まれる肉用牛生産については、地域重要作目として集落営農体制に組み入れ振興しており、土作り等を通じて地域の耕種農家・果樹農家・家庭菜園等との連携を密にし、土地利用の集積や水田裏作、耕作放棄地、休耕田等の有効利用(イタリアン・ソルゴー)と併せ水田維持のために堆肥の交換を行政関係機関等との連携を図る中で実施している。

第3セクター方式による『一本松ふるさと振興(株)「フレッシュ一本松」』で地域の有機農産物及び精肉(黒毛和牛、F1)、堆肥等販売所を常時開設している。

●事業の成果と展望
地域にはぐくまれた有効な経験技術(池田氏 80歳、の貢献度はかなり高く、今だご意見番的存在)や未利用資源(稲わら、牧乾草等)を活用し、多角的な肉用牛経営を育成する一方、経営内あるいは地域内一貫経営を推進し、生産規模の拡大を図りつつある。

肥育素牛の自給率の向上を図るため、肉専繁殖牛の増殖に努めるとともに、優良繁殖牛の保留奨励等により、繁殖経営の規模拡大を地域にあった中で可能な限り推進し、肉用牛の確保、増殖に努めている。

年数回、住民・消費者との交流イベントを開催する中で、地域農畜産の消費と宣伝効果により認知度を高めている。

肉用牛生産部会等生産組織の育成強化と併せ、経営感覚に優れた担い手の育成に努めるともに、担い手のグループ(JAえひめ南、南宇和支所青年部)による連携強化が図られ、同世代異業種による情報交換等活発な活動が行われている。

また高齢者、婦人等が営む比較的小規模な肉用牛生産についても地域複合農業の中で、重要な役割を担っており、今後ともより連携を密にしたい。

上記のように、小規模ではあるが、地域に根ざした多様な活動を展開している。


Copyright © 2005 社団法人 愛媛県畜産協会 All Rights Reserved.