トップページ | サイトマップ | お問合せ
 トップに戻る
イベント 畜産情報 優秀畜産 堆肥流通 ふれあい牧場 畜産協会の案内 お知らせ・掲示板 リンク

優秀畜産
一覧表

    優秀畜産

経営部門(大家畜部門)

優秀畜産表彰等による優良事例紹介 
平成14年度 経営部門(大家畜部門)

タイトル 家族経営を核とした地域一貫経営体制によるF1生産への挑戦
経営形態 肉用牛肥育経営
三間町曽根 白岩 修 

●経営紹介
・両親と共に家族内の意識統一による家族労働の明確化、一本化を図り、共同体性がとられている。

・地域酪農副産物(初生牛)を有効に活用した、ほ育から肥育までの一貫経営を確立している。

・酪農家との地域一貫体制を確立するとともに、堆肥流通などを通じて水稲や果樹農家など、耕種農家との連携を十分に図っている。

・長年培われてきた飼養管理技術に裏付けられて、枝肉格付けの上物率(73.1%)が極めて高く、併せて1日当たりの増体(1.12kg)効果によって収益性の向上が図られている。
更なる肉質向上を図るため、畜産関係機関の指導のもと、肥育ステージ別の血中ビタミンAの継続設定を行い、ビタミンコントロール技術を確立する等の新たな理論の確立を目指している。

・全頭、除角(導入後30〜40日の離乳時に観血去勢と同時)を実施することにより、牛へのストレスの軽減、危険性が回避されるとともに作業・労力が短縮され、より作業の効率化が図られる。
併せ、肉質の向上と増体効果にも、より良き影響を与えている。

・平成12年からパソコンを導入することにより、手書きの収支記帳から複式による記帳に取り組み、関係機関・団体との連携を密にする中でよりきめ細かな経営分析及び経営改善に取り組んでいる。


Copyright © 2005 社団法人 愛媛県畜産協会 All Rights Reserved.