トップページ | サイトマップ | お問合せ
 トップに戻る
イベント 畜産情報 優秀畜産 堆肥流通 ふれあい牧場 畜産協会の案内 お知らせ・掲示板 リンク

優秀畜産
一覧表

    優秀畜産

経営部門(大家畜部門)

優秀畜産表彰等による優良事例紹介 
平成12年度 経営部門(大家畜部門)

タイトル 粗飼料自給率100%による低コスト生産と肉質向上へのこだわり
経営形態 肉用牛肥育経営(F1、乳用種)
伊予市上吾川 片岡 正昭
●経営の明確な分業体制
F1、乳雄肥育110頭規模による一貫経営であり、哺育育成部門(両親)・肥育部門(本人)と担当部門が明確に分離されており、決算および経営内の専任体制が確立されている。
牛舎

粗飼料 ●夏作・冬作による粗飼料の自給
夏作は休耕田を利用したローズグラス、冬作に二条大麦と年間2haの作付けにより、粗飼料費は種子代のみと低コスト化を図っている。

●農協の生産経営マニュアルに基づく事故率の低減
農協の生産経営マニュアルに基づき「基本に忠実」をモットーに作業の効率化と衛生対策徹底による集中管理を図っている。
事故率低減のため、哺育期には床面管理と日常の観察に重点を置き、天候の変化に応じた牛舎温度管理の徹底と換気に配慮している。

●きめ細かい分析による経営管理と持続性
畜産会によるパソコン経営診断システムをいち早く取り入れ、きめ細かい分析により、経営課題を常に追求し、経営技術改善に取り組んでいる。
また、経営分析および情報収集能力を高め、質の高い経営体を目指している。


Copyright © 2005 社団法人 愛媛県畜産協会 All Rights Reserved.