トップページ | サイトマップ | お問合せ
 トップに戻る
イベント 畜産情報 優秀畜産 堆肥流通 ふれあい牧場 畜産協会の案内 お知らせ・掲示板 リンク

優秀畜産
一覧表

    優秀畜産

地域振興部門

優秀畜産表彰等による優良事例紹介 
平成11年度 地域振興部門

タイトル 「カモ米・キジ肉」生産による優しい農業を目指す

●活動の概要
山間急傾斜地という悪条件から他産業と比較して所得は著しく低く、農家の担い手は高齢者や女性が中心であり農地の荒廃が進行していた。
このような状況を打開するため地域の特性、条件を利用した農畜産業の振興・特産品の開発等により地域全体の所得維持、活性化を図るねらいがあった。
平成4年から、町の農林漁業振興事業として、キジの養殖に取り組んだ。その後、平成5年よりアイガモを使って無農薬米を栽培する「合鴨水稲同時作」が環境に優しい農業を目指しスタ−トし、双方とも技術的に確立している。

●事業の成果
(1)カモ米
7戸が計170aの水田で240羽を導入。米の収穫量は約6トンを見込んでおり、県内外の消費者に販売している。アイガモは害虫や雑草をえさとするため、除草剤が不要で、糞は肥料代わりになる。成長後は食肉用として販売されるため、一石二鳥である。

(2)キジ肉
販売については、当初は町内の飲食店、イベント等に出荷していたが、その後県内外から注文がある。
地域の特産品として定着させるため、新規作物導入支援施設の整備として、処理加工施設・ふ卵育雛施設の設置により年間生産量を増大する計画である。山間の棚田を畜養施設として利用することにより、土地の有効利用、水田の生産調整が図られ、キジ肉を広見町の特産品に位置付け、地域の活性化と農家所得の増大が図られている。


Copyright © 2005 社団法人 愛媛県畜産協会 All Rights Reserved.