トップページ | サイトマップ | お問合せ
 トップに戻る
イベント 畜産情報 優秀畜産 堆肥流通 ふれあい牧場 畜産協会の案内 お知らせ・掲示板 リンク

優秀畜産
一覧表

    優秀畜産

指導支援部門

優秀畜産表彰等による優良事例紹介 
平成11年度 指導支援部門

タイトル 和牛改良組合の取り組みについて
指導支援区分 農協営農指導

●設立の経緯
繁殖事業の取り組みは、昭和55年以前において、繁殖牛の飼養頭数が、ほぼ皆無に等しい状況にあり、このため生産者自らが繁殖和牛の基盤作りを目指すため、「和牛改良組合」を設立した。
肥育素牛は県外導入が中心であり、素牛価格が不安定なため、農家経営は苦しい時期が続いていた。そこで、農協は和牛改良組合に対し、和牛一貫経営体制の整備拡充の強化とともに、和牛繁殖の改良・増殖を図り継続的な支援指導を実施し、育成強化に努めた。

●指導支援の内容
(1) 肉質向上対策
@ 優良雌子牛の導入と保留対策
まず優良な遺伝子を確保する必要性から、優良雌子牛の導入と管内生産子牛の選抜による自家保留を最優先に奨励している。

A 優良種雄牛の精液確保と指定交配の奨励
精液は全てを家畜改良事業団に頼っているが、間接検定の成績を基準に選定し、必要量の確保と備蓄を継続中である。

(2) 指導支援体制
農協・肉牛生産者協議会と連携をとる中、和牛改良組合を核とし、お互いが協力して、肉牛生産振興と各種経営安定対策事業を積極的に推進することにより、生産農家の経営安定が図られている。

●事業の支援効果
短い期間の中で、生産者組織の強い団結力と農協を中心とした組織の強化に努め、各種助成事業の拡充と繁殖専門技術員の確保により庭先指導を充実させ、講習会・研修会・先進地視察等、継続的な取り組みを図ることにより、県下一の繁殖地帯を形成している。


Copyright © 2005 社団法人 愛媛県畜産協会 All Rights Reserved.